業務案内

  • HOME >
  • 業務案内 >
  • 業務内容

業務内容

私たちが一番大切にしているもの。それは「品質」です。

薄紙は専門です。

当社は20数年間にわたり毎日、薄紙・超軽量紙の印刷・製本加工・出荷を行っています。
両面1色印刷及び両面2色印刷の約款・しおり・規定集・マニュアル・添付文書・能書類は30g/m²(A判16.5kg、4/6判25.8kg)まで、また両面4色印刷の約款・しおり・DM・カタログ・パンフレット・添付文書・能書類は37g/m²(A判20.4kg、4/6判31.8kg)まで、印刷・加工しております。 (*用紙銘柄・絵柄面積等によりますので、営業までお問い合わせください)
代表的な用紙はコロナ(王子特殊紙)、トモエリバー(新巴川製紙)、オーク(日本製紙パピリア)、サンライズ(三善製紙)等です。

実は一般紙も得意です。

当社は薄紙の印刷・加工の高品質を追求してきましたが、うまく薄紙を扱うだけでは高品質にはなりませんでした。長年にわたり、いろいろなことを試みて得た結論は、やはり高品質化の道はオフセット印刷の基本をしっかり行った上に、薄紙を上手に扱う技術を積み上げることでした。

デジタル技術が普及し、刷版、印刷機、折機・綴じ機もデジタルで管理するようになった現在での高品質化には特に変動要素の多いオフセット印刷機を常に安定した状態に保つことが必要不可欠で、我々が行ったのは、きめ細かいメンテナンスおよび定期的な診断および修正・改善等の作業で変動要素を最少に近づけることでした。そして、これらの作業を継続的に行うことで、最適な状態を保ちつつ、しかも標準的な作業で安定した品質を実現できるようになってきたのです。

ですから、高品質化への作業・技術は薄紙でも一般紙でも同様だったのです。

24時間体制

当社の印刷課はすべての印刷機が交替制で24時間作業しております。

2台の4色機は片面4色/両面2色の兼用機で、2色機は片面2色/両面1色の兼用機です。

1色/1色および2色/2色はワンパスで、常時刷了紙ができ上がります。

ワンストップ・メイキング

刷版・印刷・製本が同一工場内ですから、横持ちも不要で、品質も情報も安定した管理を行っています。

特に製本加工は、断裁機・折機・綴じ機まで同一工場内加工ですから、刷版から完成までの一貫作業で、一般紙は勿論、通常の製本会社さんが嫌がる薄紙の折り・綴じを常時加工しています。

また次工程との連繋によるチェックで品質を管理し、なおかつ外部流失等の情報管理も徹底しております。

Non-VOCインキの印刷もすでに始めています。

今後ますます重要になる環境保護のため、当社ではすでに1色および4色もNon-VOCインキでの印刷を始めています。

またCTP設備は現像液を使わず、廃液を出さない環境保護タイプの出力機を使用しています。

ページトップへ