製本(CCDカメラ・断裁・折・湿度管理)

製本(CCDカメラ・断裁・折・湿度管理)


多くの手作業工程で蓄積された技術が高品質を実現しています

薄紙・超軽量紙を熟知したスタッフが高品質を実現している断裁・折り・中綴じ手作業が多い製本工程こそが、
経験豊富なスタッフに支えられています。
同一工場内での一貫生産は印刷オペレーターと連携しながら高い品質レベルを実現し、ミスや不良を未然に防ぎます。


ホリゾン ミニ折り機   1台  スタール、正栄折り機(ミニ折り可)5台
オサコ中綴じ機(綴じ後2ツ折りをオフライン加工)1ライン 
ポーラ断裁システム 2セット  その他製本・梱包設備一式  

乱丁防止用CCDカメラ


断裁
薄紙・超軽量紙では断裁前に紙を重ねた時のエア抜きが一般紙よりも難しく、わずかなズレや紙の不揃い、シワなどが発生します。ベテランの専任スタッフが細かく気を遣い、丁寧な作業で品質を保ちます。
折り
通常の製本会社が嫌がる薄紙30g×16ページまでの折り・綴じを、常時加工しています。薄紙・超軽量紙の製本・中綴じ加工だけでもお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。
室内の温度・湿度管理
入口は1ヶ所だけで天井も低いため、温度・湿度が管理しやすい環境になっています。工場内には専用エレベーターを設置し、刷り本を外気に触れることなく製品まで仕上げることができます。