サービス

サービス


当社は、40年にわたり枚葉の薄紙・超軽量紙を印刷・加工の専門工場になります。
「薄紙・超軽量紙」は、一般紙と比較しさまざまな品質リスクへの対処が必要となります。
薄紙専用の4色・2色・1色平版印刷機と、断裁、折り加工、中綴じ製本機と技術と経験を身につけた専任スタッフにより、
高品質な「薄紙・超軽量紙」印刷、加工を、小ロットから細かく対応することが可能です。

薄紙印刷にできること

添付文書/能書

自社同一工場内での一元管理による生産、品質管理体制を確立。

印刷工程では、インラインカメラ検査装置を導入し、薄紙印刷で発生しやすい文字・絵柄のダブり、紙皺の混入防止の対策を機械と人の2重の検査で万全な品質管理体制を備えております。折加工では、ミニ折り機を増設し、生産量の拡大とより精度の高い特殊折加工に対応を出来る生産体制を構築しております。弊社では、添付文書の品質管理として、包材への血・毛髪等の生体由来異物混入を致命欠陥と位置づけ、様々な環境整備や日々の改善活動を行っております。また、オンデマンド印刷機での添付文書サービスの実績もあり、小ロットの対応も万全を期しております。

金融/DM

保険・金融各種の約款・規約書類から、通信販売・教育のDMなど

上記アイテムや株主総会関係の印刷物まで、幅広く、数多くの実績を誇っています。さまざまな用紙の種類や紙厚にも対応できます。  
長年の薄紙印刷の知識と経験により、両面カラー印刷を両面特色印刷を得意としております。カラー印刷(4色)42g/㎡(A判23.1㎏・四六判36.1㎏)まで、 両面特色印刷(2色)33g/㎡(A判18.2㎏・四六判28.5kg)まで、モノクロ両面印刷30g/㎡(A判16.5㎏・四六判25.8㎏)までを印刷及び折加工、中綴製本も可能です。ポケット版海外旅行保険約款やクレジットカード系ご利用ガイドといった軽量紙でのカラー印刷での実績も多数あります。単頁データ入稿していただき、今まで培ってきたノウハウにより仕上寸法から適切な用紙の取り都合、頁建ての設計を行いコスト削減のご提案もさせていただきます。

手帳/冊子

企業手帳のコーポレートカラーとなる特色は、自動インキ調色機で測定・数値管理することで正確な色再現を可能に

また、医学書やカタログといった写真等の難易度の高い多色印刷は、CIP3対応のカラーコントロ-ルシステム(InkZone)を採用しており、特色を含めた自動濃度管理に対応しております。ドットゲインをリアルタイムで確認できますので、お客様の印刷立会時には視認性がよくスムーズに進行することが可能です。又、再版時には保管されたデータを使用して前回と同じ濃度で印刷が可能です。 


一般紙から薄紙に変える代表的なメリット

保管スペースの削減や郵送料・印刷代・DMコストを削減できます

約480ページの書籍を一般用紙から超軽量紙に切り替えた例では、 冊子重量を460gから200gまで軽量化することで、運送費・保管倉庫料等の諸経費も同様に約3分の1に削減することができました。

販促に効果絶大! 同封量拡大でコストを掛けずに売り上げアップ!!

  • インターネット経由で資料請求をいただいたお客様にお送りするネット証券会社様のスターターキットDMでは、複数の同封物の印刷データをお借りして再編集。用紙も超軽量紙に変更した結果、従来200円だった郵便料金が、総重量50g以下の「定形郵便」扱い(90円)となりました。
  • 毎月お客様にお送りするご請求書と一緒にA4のDMを同封していた通信販売会社様は、DMの用紙を超軽量紙に切り替えることにより、同じ定形郵便50g以下という重量の中でDMを2種類に増やすことができました。

薄紙・超軽量紙 メディア掲載実績 

「デザインのひきだし」に掲載されました

創刊10周年記念号ということで、「新しい特殊印刷加工の教科書」という特集が組まれており、 さまざまな特殊印刷加工が実物とともに多数掲載されています。

その中で弊社の「薄紙印刷(枚葉)」が実際の弊社の作成例と共に、下記の様な紹介文で掲載されました。

デザインのひきだし30

デザインのひきだし

透け感のある薄紙に印刷されていると、なんともかわいい。

一般印刷物では「裏写り」はNGだが、薄紙の場合、逆にクリエイターの想像力をくすぐる。

まさに表裏一体のデザインが印刷物で可能になるからだ。

この薄紙・超軽量紙、実は扱いが難しいため得意とする印刷会社はごく限られているのだ。

出典:デザインのひきだし30